住民登録

お店を出店する

まずはテレワークタウンで暮らそう
テレワークタウンは、人との接触を最小限に暮らせる街です。

テレワークタウンには、テレワークモール(通称:テレモール)という巨大なショッピングセンターがあります。テレワークモールには、テレワークで暮らすショップ経営者さんたちがたくさんのお店を出店しています。

あなたも店舗経営者さんならば、テレワークモールに出店してみませんか。

テレワークモール出店のご案内

テレワークタウンは全て、バーチャル、インターネット上オンラインに存在する浮き島上の街です。だから人との接触を最小限に暮らせる街なのです。

まだオンラインショップをお持ちでない店舗経営者さん、もう既にオンラインショップは持っているが、さらにオンラインショップ2号店、3号店の出店をお考えの店舗経営者さんに最適です。

テレワークタウンに住民登録(無料)すると、テレワークモール内にテナントを出店することができます。あなたも店舗経営者さんならば、テレワークモールに出店してみませんか。

テレワークモールの特徴

多くのバーチャル、インターネット上オンラインに存在するショッピングセンター(ショッピングモール)では、モール内に出店されたテナントは基本、シッピングセンターの一部、一テナントとして属し、常に一体で活躍されています。

テレワークモールとあなたのテナントとの関係は、独立採算制となっています。出店するのに、あなたのテナントを公開するためのサーバをご用意いただきます。ご用意いただいたサーバ上に、あなたのテナントを設定します。

サーバにテナントの設定が終わりましたら、お店で販売する商品をテナントに並べ、きれいにディスプレーすることで開店*できます。

※運用マニュアルをご覧になりながら簡単に開店準備できます。

テレワークモールのメリットとデメリット

テレワークモールとあなたのテナントとの関係は、独立採算制です。あなたのテナントは、テレワークモールとは独立採算制のため、毎月のテナント料や利用手数料などはありません。一方で、あなたのテナントもテレワークモールに属しているため、テレワークモール全体で開催されるキャンペーンやイベントには参加できます。

テレワークモールとあなたのテナントとの関係は、独立採算制、テレワークモールという巨大なショッピングセンターの一テナントでありながらも、インターネット上の一つのオンラインショップとして独立もしている、いわばつかず離れずのいい関係を保ちつづけていけるのです。

テレワークモールのプラン・料金

気になるテレワークモール出店に掛かる料金は下記の通りになります。

テレワークモールの全テナント数 出店費用
0から20店舗 198,000円
21から40店舗 148,000円
41から60店舗 98,000円
61から80店舗 78,000円
81から90店舗 68,000円
91から99店舗 58,000円
100店舗~ 48,000円

※テレワークモール出店費用は全出店数による変動制の料金プランを採用しています。

テレワークモールに出店する

テレワークモールに出店ご希望の方は下記フォームよりお申込みください。

  • 店舗について
  • 社名または屋号 *
  • 担当者名 *
  • メールアドレス *
  • 店舗所在地について
  • 郵便番号 *
  • 都道府県 *
  • 住所 *
  • 電話番号 *
  • スパム対策用 *

テレワークモール出店についてのよくある質問

Q. イニシャルコストはいくらですか?

上記の料金表の通りです。

Q. ランニングコストはいくらですか?

ランニングコストは、月々のテナント費用や売上げに掛かる手数料などは特にありません。

テレワークモールの出店費用はイニシャルコストのみです。

Q. 出店費用の変動制について知りたいです

出店お申込み時に、テレワークモールに出店されていた全テナント数により変わります。あなたが出展申込時、テレワークモールに出店中のテナント数が多ければ多いだけ、あなたの出店費用は安くなります。

テレワークモールの全出店テナント数をご確認の上、テナントが一番多く出店しているときを狙って出店申込されれば、出店費用がお安くなります。